6年前結婚式後、すんなりと子供を授かり、予定していたハネムーンは国内旅行へ変更されたカップル。
結婚後すぐに子育てに奮闘する新婦様。

子供は可愛いのに、
夫も協力的なのに。
なんだか、母親になれていない気がしていらっしゃったようで、子育てに自信を失った時期があったそうです。

そんな新婦様を見かねて、新郎様が
「もう一度海外で結婚式をしよう」
と提案してくれたそうで、もう一度ドレスを着て家族みんなで写真を撮りたいという思いになったそうです。

式まで挙げなくていいから、子供たちと一緒に、家族の笑顔に囲まれて写真を撮りたいと思い、今回ファミリーフォトウエディングをお申込み頂きました。

大手ウエディング会社では子供連れのフォトウエディングはシッターさんを自分で手配するようにと言われたそうです。
シッターさんを雇うとなると、なんだか希望のファミリーフォトウエディングというイメージとは違い、シッターさんを雇わないと、子供を面倒見る人がいない為、二人だけの写真は撮れないと言われたそうです。

夢に見た海外でのフォトウエディングが夢のママ終わるかと諦めていた時に、新郎様がケアンズウエディングを見つけて下さり、お申込み頂きました。

ケアンズウエディングのウエディングプランナー、エドワード玲子はChild Care Certificate3の免許(保育士補助免許)を取得しております。
ウエディングプランナーですので、シッターのお値段は頂いておりません。
これからもあるママパパ婚、子連れ婚は是非一度お問合せ下さい。


新婦様は夢のような時間を過ごす事が出来、大満足を頂きました。
新婦様からの直接のお言葉はこちらからご覧ください。
https://cairns-wedding.com/case/case-3603/

オーストラリア、ケアンズでの結婚式やウエディングフォトはケアンズウエディングにお任せ下さい。

ファミリーフォトウェディング

instagram.com/cairns_wedding