開催時期:2018年 夏シーズン
場所:海外
会場:キャルバリー・バイ・ザ・シー教会
ゲストの人数:10人以下
参考金額:100〜150万
結婚式をしようと動きつつも、
こだわりがほとんどない新婦。

そんな新婦のただ一つの願いは
『ひとつの家族になりたい』でした。


堅実でしっかりものな新婦は
結婚式におおきな憧れがあるわけでもなく、
こだわりがすごいあるわけでもなかったのですが、
結婚式をすることの意義には一際重きを置いていました。

親族がいない新郎に新婦はもちろん、
新婦の家族も一緒にひとつの家族と思ってもらい、
絆を深めてもらいたい。

そのために新婦と一緒に、結婚式をプランニングしていきました。


ハワイで心をオープンに

ハワイはどんな人でも気持ちがオープンになるということで、
結婚式をハワイで行うことにしました。

本当に親しい人だけの結婚式なので、
新婦のご両親と親友、新郎の親友にも参加していただき、
計7名でハワイに向かいました。


結婚式の前日に現地で親御さんの衣装を決めに行きました。
お父様はアロハシャツ、お母様はムームーを選んでもらい、
試着しながら、みんなでワイワイと楽しそうでした。


結婚式当日

ホテルで支度を済ませ、
結婚式の場所は海が見える教会
「キャルバリー・バイ・ザ・シー教会」

これも海をバックにするかダイアモンドヘッドをバックにするか悩んだ結果
海を選択されました。

ハワイの中でも東海岸の方なのでものすごく綺麗な海です。

流れる音楽はハワイアンミュージック。
オルガンのイントロが響き、シンガーが歌う中、
新婦が入場。

とても心地いい空間で、結婚式を挙げられました。
結婚式の後はガーデンでフォトタイム。
もう少し降りると、プライベートビーチもあるのでそこでもたくさん撮影しました。

ビーチでウェディングフォト

教会でのフォトタイムを終えたら、
次はリムジンに乗ってアラモアナのビーチに移動してフォトタイム!


今回、このフォトタイムで新婦から3つ要望をいただいていました。
①インスタグラムで見たガーランドを持って写真
②新郎新婦のイニシャルボードを空に向かって投げた写真
③新婦は密かに関ジャニのまるちゃんのファンなので、新郎にまるちゃんの顔のうちわを持ってもらい、まるちゃんと結婚しました風な写真

③はひょっこり顔をだす新郎の写真も撮れて、とても可愛らしい写真になりました。

アロハでBBQ

フォトタイムが終わり、再びリムジンで移動。
途中でアロハに着替えてレストランでBBQを行いました。

この日のための特別メニューを出していただき、サンセットの時間で写真も撮りながらワイワイと賑やかな時間を過ごし、ウェディングイベントを結びました。

結婚式でやりたいことをたくさん詰め込むのもいいですが、
ハワイの空気感を感じて、現地の時間軸にあった過ごし方も含めて、
心地よいウェディングと感じていただけていたかなと思います。

帰国後、おふたりからメッセージをいただきまして、
とても満足いただけていたことがなによりも嬉しく思います。
wedding-report
このレポートのプランナー
見渡すかぎりの自然と大切な人たちに囲まれた"360°のしあわせ"をおふたりに。
見渡すかぎりの自然と大切な人たちに囲まれた"360°のしあわせ"をおふたりに。
MAULOA WEDDINGS (マウロア ウェディングス)

MINORI

ウェディングプランナー歴 20年
メイン地域
対応地域
2.0/20.0/68.0