歌うウェディングプランナー佐藤正光さんにインタビュー

歌うウェディングプランナー佐藤正光さんにインタビューをしました!

自己紹介をお願いします!

音楽業界の出身でシンガーとして歌っていました。自分の結婚を機に音楽をやめましたが、音楽を活かせる仕事を模索し、ウェディングの演出を経験後、プランナーとして独立しました。現在は二児のパパです。
軸である音楽を取り入れ、株式会社My Style Weddingを立ち上げました。現在は4名のウェディングプランナーが在籍しています。

過去にどんな演出をされましたか?

一番最初の入場曲で生歌の演出をしたこともあります。聖歌隊などの気にもとめないBGMではなく、ゲストをアッと驚かす演出で不意を付くのが好きですね。
他にはフラワーシャワーを生歌演出したこともあります。インスタグラムにそのときの映像や、リハーサル風景を投稿しているのでよかったら見てください。

どうやって新郎新婦から依頼がくるんですか?

新郎新婦からの紹介が多いです。実際に結婚式に参加されたゲストから「佐藤さんを紹介してほしい」と口コミで広がっています。実は千葉からのご依頼が多いのも、同じ地域に住む新郎新婦からの紹介で増えているためです。最近では大阪からのご依頼が立て続けにきています。

どんな会場で結婚式を担当することが多いですが?

ホテルが多いです。音響照明がしっかりしており、天井高が高いため、音楽演出との相性が良いためです。また、ゲストの人数が多いという理由もあります。過去には最大230名の結婚式を手がけました。当時フラッシュモブが流行っており、80名ほど総動員しました。

プランニングするときに意識していることはありますか?

余興タイミングでは基本的に演出は仕掛けないです。余興は何かが起こる前提。入場の初っ端や、乾杯後の歓談後など不意を付くことでスパイスを加えます。もちろん、お客さんから余興にジョインしてとお願いされれれば、臨機応変に対応します。

仕事をする上で大事にしていることはありますか?

弊社は契約をその場で取るということはしないです。それって『for me』であって『For you』じゃない。
ファーストヒアリングで意識していることは、ファンになってもらうということでです。いかに新郎新婦に当日の結婚式イメージしてもらい、ワクワクさせることができるかを重視しています。ゴリ押しなどは絶対にしない。

また、新郎新婦の思っていることを、しっかりとキャッチでききているか、遠慮しているんじゃないかなど汲み取るようにしています。
どんな結婚式を挙げたいか悩んでいる新郎新婦には、過去の事例などを見せてイメージが膨らみやすいようにしています。

どんなご相談が多いですか?

例えば、料理にはこだわりたいけど、予算は抑えたい。相反することで難しいですが、本当にやりたいことは何かをヒアリングで引き出します。優先順位を付けるようにしています。

予算は抑えたいけど、演出をこだわりたいという場合は、僕を使っていただいても構いません。僕は「本番で歌いますよ」とは言わないようにしているんですよ。僕からはアタックしないようにしています。それって『for me』なんで。新郎新婦から「歌ってください」とご依頼がない限りは歌わないです。あと、実は歌でお金は取ってないんですよ。だからこそ予算をかけなくても、こだわった演出ができます。

新郎新婦から選ばれる理由はありますか?

ゲストの記憶に強く残る結婚式をつくることができる。弊社は装飾に力を入れるのではなく、進行の内容に力を入れています。
例えば、入場曲のスタートからBGMを生歌で入れたり、料理紹介をディズニーの曲に乗せて歌いながら紹介したりなど。弊社にディズニーシンガーのプランナーもいます。

結婚式は歌と一緒だと思っています。歌にもサビから始まる曲ってあると思いますが、そのイメージに近いです。抑揚をつけないと、人の印象に残らない。

今までで印象に残っている結婚式はありますか?

2つあります。

1つ目は、230名の規模が大きい結婚式を担当したときです。フラッシュモブを2回やりました。余興のタイミングで新郎から新婦へ。
もう1回はエンドロールが終わったタイミングで、今度は僕から新郎新婦に仕掛けました。当日のゲストにも協力いただき、僕から新郎新婦へサプライズフラッシュモブをやりました。
エンドロールの上映中、あえて新郎新婦には退場せずに会場に残ってもらいました。エンドロールを前線で見ていただき、後ろにスペースを設け、暗転しているときにゲストに移動してもらい、新郎新婦が振り返った瞬間に…。総勢80名でフラッシュモブをやりました。
練習は夜中、広い公園に集まってもらいました!笑 ゲストの力なくしては実現できなかったので本当に感謝してます。

2つ目は、新郎から「演出に参加したい!」とご相談をいただいた結婚式です。
『僕らの音楽』ってあるじゃないですか?
じゃー『佐藤の音楽』をやろうとなりまして、実際に対談方式で新郎と一緒に動画を作成しました。
結婚式当日は、新郎と一緒に作った動画を流し歌いました。1番は僕が歌い、2番から新郎にも参加してもらい、ゲストには新婦に内緒でペンライトを持っていただきました。新郎が歌うために移動した瞬間に、ゲスト全員に立ち上がってもらい、ペンライトを挙げてもらいました。まるでライブ会場のようでした。
実は新郎新婦の中座後、ゲストにサプライズの説明をし、協力してもらいました。今回は新婦にフォーカスを当てていたので、新郎をはじめ、ゲストや司会者にも協力いただきました。主賓からも「今まで一番良かった!」と感想をいただきました。今度は『佐藤の音楽』をシリーズ化しようかと(笑)

こんな結婚式をプロデュースしたいなどはありますか?

BGMをフルバンドの生演奏でやってみたいですね。

こんな結婚式を挙げたい新郎新婦は私にお任せてください!

『ゲストを楽しませたい!』や『音楽を活かした演出をやりたい!』という新郎新婦はぜひ僕にご相談ください!

PROFILE

株式会社My Style Wedding
経験年数 年数
フォロワー フォロワー
more