Happiness〜幸せのシグナル〜

おふたりの考える「ゲストが主役」の結婚パーティーを考えた時に、ゲストが楽しみにしていることはおふたりを精一杯祝福することではないか、とだとたどり着きました。

Q.どんな結婚式でしたか?

ゲストが主役!

Q.こだわりポイントがあれば教えてください!

*入場はせずに来てくださったゲストを直接お出迎えし、新郎新婦の「来てくれてありがとう!」という言葉とゲストの「おめでとう」が行き交う時間を作りました。
*全員のその日の姿を新郎新婦が写真で撮影。ゲストは歓談中にシンボルツリーに飾ってあるお名前の書いた封筒と交換しながら飾り付け、この日にしかない情景がゲストの写真によって完成しました。
*クライマックスにはお手紙をゲスト一斉にオープン。くすっと笑い声が聞こえたり涙しているゲストも。
*門出はみんなとハイタッチ!祝福の言葉に包まれながら、全員と目を合わせて歩き出しました。

Q.どんな要望がありましたか?

自分たちが主役ではなく、とにかく来てくれたゲストが主役。お世話になったみなさまに心からの感謝をたくさん伝えたい!とのご希望でした。
すでに沖縄での挙式はご家族でされることが決まっていたので、ただの二次会ではなく丁寧にゲストと楽しく過ごせるパーティーにしたい、とイメージされていました。

Q.感想があればお願いします!

おふたりの考える「ゲストが主役」の結婚パーティーを考えた時に、ゲストが楽しみにしていることはおふたりを精一杯祝福することではないか、とだとたどり着きました。
ただいつも通りお話しするのではなく、「結婚」の報告をゲストが素直な気持ちで受け取れる機会はこの日だけだと思い、おふたりに所縁のある「Happiness」という言葉を合言葉に1日を考えていき、当日目の前に現れた情景は私にとっても忘れられないものになりました。
この日のために結成されたクリエイターチームも、おふたりの想いを大切に当日を創り上げてくださり、嬉しく楽しい1日となりました!

PARTY DATA

会場 地中海レストラン・バルcasa
ゲスト人数 50
担当プランナー
タグ

このプランナーのページを見る?